0568-68-1760 営業時間
9:00~18:00
お問い合わせ
menu
シンエイ工営の家づくり
シンエイ工営の家づくり

次世代に受け継がれる家

30年足らずで、家がゴミになってもいいのでしょうか?欧米先進諸国の一般住宅寿命は60~80年です。それに比べて、日本の住宅は30年ほど。ローンを払い終える頃には建て替えなければなりません。
これでは、世代が変わるごとに建て替えなければならず、各世代が住宅ローンに追われいつまでたっても暮らしが豊かになりません。
住宅はその快適さを保ちながら、次の世代に受け継がれるべきものなのです。
家は建てて終わるのではなく、そこからが新しい暮らしを育むスタート地点です。
もう一度、あなたの家づくりに「大切なもの」を見つめ直してみませんか。

次世代に受け継がれる家

FPの家

開放的な造りであった日本の伝統的な住宅に、少しずつ工夫を加えながら、寒さに耐えつつ長い冬を過ごしてきた北海道の先人たち。
そんな北国での家づくりに取り組むなかで、本物の高断熱・高気密住宅にこだわり続け、数々の失敗と試行錯誤を重ねながらも、たどり着いた独自の住まいのかたち。
それが、ウレタン断熱パネルを用いた「FPの家」です。

FPの家

建てる前の安心
ご迷惑をおかけしません。FPグループが工事を引き継いで、
家を完成させます。
建てる途中の安心
火災、雪災、水災などで、建築中の建物が被害を受けた損害を補償します。通行人にケガを負わせるなどの人身事故の損害を賠償いたします。
建てた後の安心
ご安心ください。あなたの家は、ご入居されてから10年間保証されています。人や物に対する損害は生じた場合は、きちんと賠償をいたします。

健康住宅
本物の快適と安心の家づくりを住まう人へ


近畿大学建築学部長
岩前 篤氏

高断熱住宅の健康影響調査 FP調査と2万人アンケート

快適な住まいによる本物の安心とは

近畿大学の岩前教授は高断熱性能の新築に入居された2万人を対象にアンケートを実施し、健康への影響を調査されています。
同内容の調査を「FPの家」にお住まいの方にも実施しました。その結果は以下の通りで住宅断熱グレードを上げるほど、住まい手の健康に寄与するということが統計的に裏付けられています。

高断熱住宅に
お住まいの方の声
  • ・足の痛みがやわらいだ。
  • ・アトピーが落ち着いた。
  • ・入院ばかりだったが、発作も出なくなり活発になった。
  • ・鼻炎がおさまった。
  • ・風邪を引きにくくなった。
  • ・猫が風邪を引かなくなった。

調査結果から肌が乾燥しにくくなったり、カビが少なくなるため
断熱性能が高い家は健康によい
ライフサイクル・コストを比較する
ライフサイクル・コストとは建物の生涯費用のことを言います。
建設費だけでなく住み続けることによって発生するメンテナンス費用も含めて比較してみましょう。

FPの家の性能暑さ・寒さから解放された本当の快適さ。

耐震性
耐震実験で実証された
「FPの家」の頑丈構造

「FPの家」の耐震性は、専門機関による実物実験でも実証されています。実験では実物大の建物に様々な振動を与え、その影響を評価。阪神・淡路大震災を再現した振動や、それを上回る強い振動を与えた場合、FPパネルを用いない一般の建物は構造体に亀裂が生じるなど著しい損傷が見られたのに対し、FPパネルを用いた建物にはほとんど影響がありませんでした。こうした実験等を行いながら、100年安全で価値のある住まいづくりを常に検証しています。

耐震性 耐震実験で実証された「FPの家」の頑丈構造

耐火性
火災にも強い
FPウレタン断熱パネル

硬質ウレタンの発火温度は木材と同じ400℃前後です。また、製造時に難燃剤を混合しており、発泡体には自消性があるため、ウレタン断熱パネル自体は非常に燃えにくくなっています。
万一の火災の場合にもウレタン断熱パネルの内部に酸素が送られず、表面が炭化した状態にとどまり、内部に燃え広がりにくくしています。さらに安心・安全のためにFPスプリンクラーも用意しております(オプション)。

耐火性 火災にも強いFPウレタン断熱パネル

省エネルギー
人と地球にやさしい
低ランニングコスト

住まい全体を一体の箱型の構造とする「FPの家」は、ヒートショックの原因となる部屋ごとの温度差をなくす健康的な空間をつくるばかりか、冷暖房設備を極力使わない優れた省エネルギー性を発揮します。
オール電化との相性もよく、エネルギー資源の節約、地球温暖化の原因となるCO2排出量の抑制など、環境にもやさしいゼロエネルギー住宅を実現します。

省エネルギー 人と地球にやさしい低ランニングコスト

断 熱
数値でも実証されている
「FPの家」の高性能

住まいの省エネルギー性能は「熱損失係数(Q値)」によって表され、その数値が低いほど断熱性に優れているといえます。
「FPの家」は国が提示した平成11年省エネルギー基準を上回り、全国各地で高水準の性能を維持。
一般の住宅をはるかに凌ぐ快適性と経済性を実現しました。

断熱 数値でも実証されている「FPの家」の高性能

気 密
計画換気を確実にする
高機密性能

住まいの気密性を高める目的は二つあります。一つは隙間風の侵入を防ぐこと。もう一つが換気効率を高めることです。隙間だらけの家では換気装置を使っても計画的な換気はできません。「FPの家」の相当隙間面積(C値)は実測平均値で0.55㎠/㎡(平成13年)と日本でも最高水準。全棟気密測定を行い、平成11年省エネルギー基準の最も厳しい基準値2㎠/㎡を十分クリアしていることを確認してから、お引き渡ししています。

気密 計画換気を確実にする高機密性能

空気環境
安心して深呼吸ができる
健康空間

シックハウスの原因にはVOCを含む部材を使用しないことはもちろん、
カビやダニの発生原因となる壁体内結露を抑えるため、室内の空気環境は安全で健康的に保たれています。

空気環境 安心して深呼吸ができる健康空間

FPの家の性能を動画でもCHECK

耐震・耐火実験で実証された安心構造

大津波に耐えた住まい

FPの家について詳しくはこちらから >FPの家について詳しくはこちらから >